悩み

23歳フリーターがやばい!焦るぅ!と感じる場合はどうすればいい?

23歳フリーターの焦り

フリーターの焦り度としては、

22歳⇒まぁまだワンチャン大丈夫
23歳⇒ちょっとヤバくね?みんな正社員だお?

なんてところだと思います。

18歳とか19歳とか20歳の頃はあまり大きな変化はないことが多いですが、22歳~23歳はかなり大きく変化する年齢ですね。

感覚的な問題ではありますけど、23歳くらいから徐々に見た目の劣化も始まる年齢です。

そんなわけで、「23歳フリーターはちょっとやべーかもな・・・」という人向けに現実と選択肢をお伝えする記事となっております。

一般的に22~23歳から自立が始まる

大学卒業後に、

  • 浪人なしだと22歳で社会人
  • 1年浪人だと23歳で社会人

というのが一般的な年齢に対する職業の変化だと思います。

そんなに1浪してる人って多いわけじゃないので、23歳だともう1年ほど会社に勤めた友人なども多いのではないでしょうか。

久々に飲みに行ったりすると、

「うわなんかこいつ大人っぽくなってるぞ??」
「大人じゃねーかww」

とフリーターを23歳でしていると非常に焦ってしまうなんてこともあるでしょう。

特に1人暮らしをしていてそこそこ頑張ってるっぽい正社員勢を見ると、自分自身が情けなく落ちこぼれているように見えてしまうことも多いと思います。

22歳から1年経過した23歳は意外と立派になってて焦る問題

特に若い頃の1年というのは大きいもんで、大きく人を変化させる力を持ってます。

去年までは入りたてほやほやのTHE新卒って感じだったのに、1年たったらすげえ立派になってて焦る、、、みたいなやつですね。

それに比べて「おれっちは(あたしっちは)23歳でフリーター。。。」と自己嫌悪感や自分の情けなさに涙する日もあるでしょう。

一応、当サイト的な見解を書きますと、『別に人それぞれだから焦る必要なし!』というのが精神論です。

ただ一方で、現実的な問題点も知っておくべきでしょう。

  • 24歳でフリーターになると焦るっていうか情けなくなる
  • お金に余裕がもてないから苦痛
  • 年齢がいくほど既卒として就職したときの苦痛がでかい

などなど。

焦りを感じ始めたときというのが、実は1番大きな転機になるのかもしれません。

23歳にあと残された時間はどれくらいなのか!?

焦らせるわけではありませんが、23歳ってあとどれくらい残っているんじゃい?というお話ですね。

誕生日によりけりで人それぞれですが、意外と残っていないでしょう。

あと少しで24歳です。

24歳になるとなんかもう大人!って年齢ですよね。

男性ならそこそこ一人前になりたい年齢な感じがしますし、女性ならそろそろ婚期を視野に入れないと独身コース一直線です。

しつこいようですが、焦らせているわけではありません。

ただ、

  • 22歳
  • 23歳
  • 24歳

といったように20代の1年というのは実はすごく貴重で人生を大きく変化させる力を持っている時期です。

ぶっちゃけ36歳と37歳って何が違うの?(笑)って思ってしまいますし。(煽っているわけではありません)

行動をしないリスク

  • 何かを始めること
  • 何かに挑戦してみること
  • 自分にとって気持ちよくはないことをすること

これら全てにおいて、失敗するかもしれないという恐怖心は誰しもあるはずです。

23歳フリーターの方でしたら、いわゆる『就職』というやつが大分視界にちらつくと思います。

「書類通らないんじゃないか・・・」
「おれなんて会社に需要がないんじゃないか・・・」
「落ちるんじゃないか・・・」

とかそこらへんのことですね。

確かに立ち止まって思考停止していれば、リスクがないようにも思えます。

でも実は1日たつごとに確実に時間という有限のものが減っていき、そして時間がたてばたつほどに『こじらせてしまうリスク』がありますね。

他にも、需要が落ちてくることだってあります。

しつこいですが焦らせているわけではない!

ただ、しっかりと現実を見たうえで自分にとって最も幸せな選択をしてほしいと願っております。

当サイトのライターから編集までみんなお祈りしています。すみませんこれはネタです。

「23歳でフリーターだからダメだ!」ということではなくて、「自分にとって良い選択肢から逃げるのはだめだ!」ということです。

  • 楽なこと
  • 幸せなこと

これらは似て非なるものだったりします。

楽なことは手を伸ばさなくても手に入ります。

その分、満足感や達成感、現実的な金銭面は得られにくいです。

一方で、幸せなことというのは、手を伸ばさないと届きません。

手を思いっきり伸ばすのは面倒なことではありますが、勇気を持つことは重要なことです。

就職なのか?フリーターを続けるのか?

絶対にコッチがいい!という正解はありません。

フリーターでも良いと思いますし、就職しても良いと思います。

23歳なのであれば、正社員として働ければ27~28歳で結婚して家庭をことも現実的ですし、ひたすら1人を謳歌するのもまた現実的です。

一方でフリーターを続けているのであれば、27歳で人生に絶望することも想像ができます。

問題なのは、自分自身がどうしたいのか、そしてそのための手段として

  • フリーターなのか?
  • 正社員なのか?

といった働き方を考えて行動していくほうがいいでしょう。

ちなみに一例ではありますが、将来的に働きたくないのであれば一旦正社員として働いてみて、経験値をつんだり頭脳労働に徹することでまた新しい道というのは見えてくるものです。

動いた人にしか見えない景色というのは、絶対にあります。

まとめ

23歳はフリーターでいいのかぁ!?正社員なのかぁ!?という問いかけをさせていただいた記事でした。

  • 世間的な評価
  • 社会的な身分

などの外からの意見は多いですが、最終的には自分自身で判断すべし、です。