大卒

大卒フリーターを何年も続けているとやばい本当の理由ランキング

大卒フリーターがやばい理由

「大卒でフリーターって、ヤバイ」と感じていませんか?

変わりたい!と思っても、なかなか実行できないものですよね。

しかし、このまま何年もフリーターを続けているのも、問題です。

ここでは、大卒フリーターを続けているとヤバイ本当の理由を紹介していきます。

【1位】学歴・スキルがムダになっている

フリーターは、アルバイトをしている人が多いと思います。

アルバイトって、誰にでもできる仕事が多いですよね。

  • 学歴・教養がまったく活かせてない
  • 勉強してきた事がムダになっている
  • 高い学費もムダにしている

「せっかく大学を出たのに…」

よく聞くセリフですが、大卒フリーターはまさにその言葉通り。

高い学費、講師の授業、セミナー、サークル、ゼミの研究など、バイトで活かせるチャンスは皆無ではないでしょうか?

せっかく何年もかけて学んできた事がムダになっていると思うと、悲しくなってきますよね。

フリーターで知識を活かせる事はほぼ無い

アルバイトは「未経験・学歴不問」の仕事が多いもの。

これは、大学で得た知識を活かせる環境では無いってことです。

この先も、何年もフリーターのままだと、学んできた事も忘れてしまうかもしれません。

「勉強は社会で役に立たない」

なんて言う人もいますが、そんな事はありません。

大学を出たからこその能力やスキルは、たくさんありますよ。

【2位】収入が少ない

アルバイトは時給制。

同じ時間働いても、正社員には収入面ではかないません。

  • ボーナスは基本的に出ない
  • 休めばお金にならない
  • 昇給のチャンスも少ない

生きていればお金が必ず必要になります。

アルバイト生活では、貯金も難しいですよね。

今は若いから、アルバイトでも食べていけるかもしれませんが、年を重ねていったらどうでしょうか?

体力も無くなって、働ける場所も限られてきます。

お金はやはりたくさんある方が良いですよね。

続けるほど正社員との差が大きくなる

正社員は

  • 年に2回のボーナスがある
  • 月給制なので働く時間が少なくても給与は同じ
  • 1年ごとに昇給がある会社が多い

と、収入が増えていく傾向があります。

20代前半では、もしかしたらフリーターの方が稼げる場合も。

しかし、年収で計算すると、正社員の方が年々多くなっていくんです。

生涯年収で考えれば、その差は歴然。

ある調査では

大卒で正社員の生涯年収:2億8千万

フリーターの生涯年収:6千万

との結果が。

フリーター歴が長ければ長いほど、生涯年収が少なくなってしまいます。

気が付いたら、老後の資金が無い!なんて…

恐ろしいですね。

クビにされやすい

アルバイトは、企業にとっても補助的存在。

もし業績が悪くなれば、まず最初にクビの対象になります。

ただでさえ、収入が低いのにクビになったら生活できません。

大卒だから、と優遇される事も無さそうです。

【3位】社会的信用が無い

フリーターは、世間から下に見られてしまう事が多いのも事実。

正社員=偉い、というわけではありませんが、社会的信用度はどうしても低いのがフリーターです。

  • ローンの許可が下りにくい
  • クレジットカードが作れない
  • 他人から信用されにくい

など、困る場面もあります。

フリーターでも、しっかりしている人はもちろんいますし、正社員でもお金にだらしない人はいます。

しかし、どんな人物であるのかを分かりやすく伝えたい時には、職業を言うのが手っ取り早いですよね。

  • 「私は●●という企業に勤めています」
  • 「私はフリーターでアルバイトしています」

この2人を比べたら、やはり社員として働いている人の方が信頼できると思ってしまうはず。

世間からナメられてしまう

社会的信用度だけでなく、周りの人からもナメられがちです。

  • 正社員の友達と疎遠になった
  • 家族からも冷たい目で見られる
  • 合コンに行ってもフリーターだと言えない
  • 生活や趣味を楽しめない

フリーターあるあるですよね。

正社員になった友達とは、時間も話も合わなくなり、だんだん誘われなくなったという声もよく聞きます。

自分自身も、堂々と振る舞えなくなるのではないでしょうか。

就職もどんどん難しくなる

社会的信用が無いという事は、正社員として採用もされにくくなります。

フリーター生活を続けるほど就職が難しくなってしまうんです。

  • フリーター期間が1年:就職率58.3%
  • フリーター期間が3年:就職率48.9%

というデータがあります。

1年以上フリーターを続けると、半数の人が正社員になれないんですね。

【4位】福利厚生が無い

企業で働いていれば、ほとんどの場合福利厚生があります。

アルバイトと正社員の大きな違いのひとつ。

  • 健康保険に加入できる
  • 年金が支給される

これって、当たり前の事なんですが、無いとけっこう大変です。

フリーターだと、自分で国民健康保険に入り、年金も納めなければなりません。

企業の厚生年金は、半額を企業が負担してくれているので、とてもお得なんですよね。

保険とか年金なんて、払わなくてもいいじゃんと思っている人。

それはヤバイですよ。

  • 通院・入院した時の支払う額が全然違う
  • 老後に年金がもらえないと、生活できない

ケガや病気はいつ起こるものか予想できません。

病院の費用ってけっこう高いですよね。

健康保険なら、一定額以上は負担しなくて良いというルールがあります。

もし、保険に加入していなくて、入院なんて事になったら…。

想像するだけでも怖いですね。

【5位】恋愛・結婚にも影響する

フリーターというだけで、偏見を持たれることもあります。

恋愛・結婚ではさらにその傾向が強く、「フリーターとは付き合えない」と考えている人も多いはず。

また、付き合っているだけなら大丈夫でも、結婚は無理!ってことも。

  • フリーターというだけで恋愛対象外
  • 収入が少ないので結婚できない
  • フリーターだと親に認めてもらえない

男性のフリーターだと特に恋愛・結婚が難しいです。

「性格はとても合うのに、フリーターだから無理」

なんて悲しいですよね。

大人になれば、親の意見は関係ないとも言えますが、結婚は2人だけの問題ではありません。

やはり、フリーターは印象があまり良くないでしょう。

まとめ:生き方は人それぞれではあるが・・・

フリーターでも、立派に生きている人はたくさんいます。

仕事が人生の全てというわけではありません。

が、しかし。

フリーターでいる事でのメリットって、少ないと思います。

大卒なら余計に。

大卒フリーターのヤバイ点を挙げてきましたが、どれも結局は自分が大変になる事ばかりです。

  • フリーターを続けるほどヤバイ
  • 年を取れば取るほど、大変になる
  • 今のうちに行動するべき

だと思います。

ヤバイ!と思った今が、チャンスです。

とにかく、何か行動を起こす事が大切。

早速今日から始めましょう!