大卒

大卒フリーターで自分クズだなぁ・・・と感じたなら早めに動き出そう!

大卒フリーターでクズだと感じてる人向けの記事

大卒なのに、フリーター。

そんな自分はクズだなぁ。

と思っていませんか?

実は、大卒でフリーターという人はけっこういるんです。

あなただけじゃありませんよ!

クズだから…

と何もしないままでは、ずっと変わりません。

チャンスはたくさんあります。

一歩踏み出して、新しい生活を始めてみましょう。

この記事が、少しでも背中を押せたら幸いです!

【始めに】世の中順風満帆にいってる人ばかりではない件について

仕事をバリバリこなして、輝いている人っていますよね。

良い会社に入って、プライベートも充実してそうな人。

でも、世の中でそんな人達はほんの一握り。

  • うまくいってる人も、苦労している
  • 成功した人は、大変な過去があることも。
  • SNSは、良いとこだけを投稿している

SNSを見ると、皆がリア充に見えますが、それは良い部分だけを投稿しているから。

誰も、苦しい辛いところは人に見せたくありません。

例えば、すごく稼いでいる社長も、昔は超貧乏で苦労していた、とかよくありますよね。

  • 所持金5円から社長になったドン・キホーテの安田氏
  • シングルマザーから成功したハリー・ポッターの著者
  • ホームレスから社長になったOKWaveの兼本氏

ドラマのような話ですが、実話です。

苦労しているからこそ、頑張ろう!という気持ちが人一倍強いのかもしれません。

お笑い芸人や芸能人の方も、下積み時代が長くて、苦労していたり。

  • 仲間由紀恵
  • 堺雅人
  • ムロツヨシ
  • 斎藤工

など、今では誰でも知っている有名人ですが、売れない時代が長く苦労も多かったようですよ。

なかには、10年以上も下積みをしていたという話も珍しくありません。

ずっと順風満帆って人は少ないです。

だからこそ、まだ若いうちならいくらでもやり直しが効きますし、行動すれば報われるのだと思います!

若ければいくらでもやり直しが効く理由

大卒でフリーターなら、まだまだやり直しは可能です。

特に若い世代なら、これからいくらでもチャンスはあるので、諦めないでください!

いくつか大卒フリーターの方が大丈夫!という理由をチョイスしてみたので、あなたの市場価値を確認してみてください。

理由1.既卒は企業からも需要がある

新卒だけが企業から必要とされているわけではありません!

あまり知られていませんが、既卒だからこその強みやメリットがあります。

企業側からすると

  • 入社時期を調整できる
  • 新卒よりも経験が豊富
  • 既卒の採用は国から報奨金が出る

などのメリットがあります。

新卒は4月からの一斉入社ですが、既卒なら必要な時期に必要な人材を確保することができますよね。

また、卒業してから今まで、たとえアルバイトでも社会経験をあれば立派なメリットになります。

働いた事がある、というだけでも、企業にとってはプラスです。

報奨金はあまり知られていませんが、厚生労働省が企業に助成金を出しています。

企業も既卒者を積極的に採用しやすくなりますね。

また、

  • 新卒は企業側が配属を決める事が多い
  • 既卒は、希望に合わせた職種に応募できる

という点もポイント。

企業側も、既卒者側も、希望に合わせた職でマッチングできるので、こんな仕事はやりたいくない…という事が起きにくいんです。

自分のスキルを十分に発揮できるチャンスになります。

理由2.人手不足で売り手市場

現在の日本は「超人手不足」と言われています。

この傾向は、今後もさらに加速しそうですよね。

という事は、求人が多い「売り手市場」となっています。

  • 求職者の数より、仕事の方が多い
  • 企業は人手不足で、人材を求めている

仕事が見つかりやすい状況の今だからこそ、動き出すチャンス。

ぜひ積極的に仕事をチェックしてみてください。

仕事がない!なんてことはありませんし、とりあえず職についてキャリアアップを狙うのだって手です。

理由3.20代は圧倒的に少ない

高齢化社会が急速に進む現在。

日本人の平均寿命は約46歳となっています。

中央値も同じくらいなので、日本人の半分以上が46歳を越えていることになります。

  • 20代は日本人のごく一部
  • 若いほど企業側から採用されやすい

20代の若者は、日本の企業にとって希少価値のある人材なんです。

これから成長する事が期待できる、未来ある若者。

クズだなーなんて思ってたら、もったいないですよー!

ほとんどの日本人が、20代を若くてうらやましいと思ってますから。

年齢を取れば取るほど分かるんですが、若ければ本当に自分で考えて行動さえすれば、どうとでもなります。

そしてこの記事を書いてる私も20代が羨ましい…クッ!!!

理由4.卒業から数年しか経っていない

大卒でフリーターだとしても、何年もたってないですよね?

20代後半だとしても、5年ほど。

人生は80年。

単純に考えても、まだ50年以上残っています。

5年が人生でどれだけ短い期間か分かると思います。

  • 20代後半なんて、まだまだ人生の前半
  • これから先は長い
  • ここからやり直しても遅くない

卒業してから数年しか経っていないんですよ。

まだまだ、いくらでもやり直せる時期のはずです。

「もう5年」ではなく、「まだ5年」と考えてみてください。

そんなにみんなサクサクと人生を進めていませんので。

理由5.専門性が高くなっている

ここ数年の仕事事情は、昔とは変わってきています。

以前は、幅広い業務をこなす人が多くいましたが、最近では専門的な知識が必要になり、仕事も細分化。

それぞれの得意分野で、活躍している専門家が増えています。

つまり

  • 求人の数は増えている
  • 色々な知識が無くても、得意分野があれば強みになる

という事。

自分の得意な事や個性を活かせる時代になっているんです。

色々な事ができなくても、ひとつを極めれば、仕事のチャンスも大幅にアップ。

好きな事でお金を稼ぎましょう!

ちなみに現在あまり何も経験がない…と感じていても大丈夫です。

若手であれば未経験でも就ける仕事はたくさんありますし、就職して勉強させてもらえます。

そして専門性をつけたら、大幅な年収アップを狙って転職するなりすれば、あなたの市場価値はうなぎ登り。

まとめ:一歩踏み出してみよう!

この記事では、「若いからとにかく動き出してみよう!」という内容をお伝えさせていただきました。

おそらく年齢がいけばいくほどに将来後悔することって、何かをして失敗した経験よりも、何もせずにダラダラ過ごしてしまったことだと思います。

当サイトのメディアライターも

「あの時もっとこうしておけばあああああああああ」
「若くナリタイナリタイ」

と1日5回ほど発狂している人が多いです。

それくらい、「行動をしない」というのは実はリスクなんですね。

とりあえず動いてみて、それで調整をしていけば良いと思います!

おそらく何もしないで外野でブーブー言ってるのが1番クズなので!