悩み

フリーターをしていて将来が不安な人向けの対策|非正規か正規雇用か

フリーターの将来が不安

「フリーターをしていて将来が不安…」
「このままじゃやばいのだけども…」

といった方は多いのではないでしょうか。

やっぱりフリーターだと、社会的な評価が低いこともありますし、何より金銭面での不安が大きいですよね。

じゃあ正規雇用されればいいんでね?と思うわけですが、それはそれでまた

  • ブラック企業に入ってしまったらどうしよう
  • 働きたくないでゴザル

といった思いがわいてくるわけですね。

フリーターの方の将来的な不安を払拭するには、正社員として働くかその選択肢を諦めて割り切るかの2つしかありません。

今回はその2つの選択肢のメリットデメリットを見つつ、「こうするといいかも」といった解決策をご提案します。

正社員として働かない

「正社員とかやってらんねーよ?」
「なんで会社に媚び売って毎日毎日働かないとならんのだ」
「働くために生まれてきたわけじゃない##怒」

などなど、正社員として働かないというのもまた1つの人生です。

フリーターのほうが気楽さという側面では圧倒的に勝利しています。

デメリット面

ざっくりと挙げると以下。

  • 給与が安定しない
  • 年齢とともに給与が落ちていく
  • 社会的な立場が皆無になっていく
  • 特殊な場合を除いて生活が質素
  • 将来的に年金がもらえる金額が少ない
  • 貯金できない
  • 恋愛・結婚しにくい

主にお金が足かせとなって、いろいろとこう、悩みがうまれてくるわけですね。

ただ実際のところ正社員になれば「お金の問題から解放されてハッピーすぎるぜい!」なんてことはないのですけどね。

正社員になったとしても、それはそれで無能であれば給与は低いですし、たくさん働くことになる可能性もあります。

責任感だってたくさんあるし、クソウザイ上司もわいてきます。

どちらが絶対に良いとは一概には言えません。

フリーターを延長してみると?

18歳、25歳、30歳、、、、
中年フリーター、高年フリーター

といったように、延長してみると、わりと悲惨と言えば悲惨です。

主にフリーターの業務内容は身体を使った肉体労働であることが多いと思いますが、30歳くらいになってくると身体機能も落ちていきます。

シンプルに言うのであれば、体力がなくなっていくわけですね。

一方で給与は頭打ちなので、

  • 身体の機能が激落ちしつつ
  • 給与はそのまんま

といった事態になっていきます。

アルバイトという雇用形態でも一部では、有給などの福利厚生もありますが、やはり正社員勤務に比べると待遇は良くありません。

何よりつらいのは自身と社会的な身分

お金という側面でも生きにくいことは間違いありません。

ただそれ以上にフリーターを続けているとつらいのが、

  • 親から心配されたり
  • 恋愛がしにくかったり
  • 自分の職業を言うのが恥ずかしかったり

といった精神的な側面だと個人的には思います。

実際、20歳前後ですらフリーターと言うと、なんかすごい恥ずかしいですし、人によっては

「働け!」

といった、働け攻撃をしてくる人もいるでしょう。

  1. 自分に自信がなくなる
  2. 新しい人に出会う機会なども減る
  3. 出会いが減ると思考が固定されてマンネリ化
  4. 人生がツマラナクナル

といったように、精神面でのフリーターという肩書のせいで、行動がミニマムになっていくと人生つらいと思います。

世の中には一定数、暇なおせっかい野郎がいますので、そういう人たちにやたらなんか言われますね。つらい。

毎日をちゃんと生きていればいるほど未来が広がっていく人と違って、毎日をしっかりと頑張って生きても未来が狭まっていくのがフリーターだと思います。

正社員よりもフリーターのほうが搾取度が高いようなイメージですね。

特に男性の場合は尚更、フリーターだと将来が…というところ。

女性は意外と良い男性を見つけて結婚することもありますので、一概には言えません。

正社員として働く

「なんでこんなにフリーターつらいんだよ!##」
「あーもうくそ。正社員として働くわ##」

こちらの選択肢もありっちゃありです。

当サイトでは一応、一応、フリーターをしている方が正社員として働いて人生を謳歌していただけるとことを目的としております。

ただ、別にどっちでもいいですし、どちらも立派な人生です。

フリーターにはフリーターの悩みがありますし、正社員になると正社員ならではの悩みが待ってます。それが人生というもの。

でもどちらでも悩みがあるのであれば、正社員の安定があるほうがいいのでは?とかも思えますね。

正社員として働くデメリット

  • 週5勤務、ツレエ
  • フルタイム、ツレエ
  • 辞めにくい、ツレエ
  • めんどくせえ、ツレエ

といったところでしょうか。

アルバイトよりも、責任感や主体性みたいなものがガッツリ求められます。

バイトでも主体性求められるかもですが。。。

ただ、ポジティブ(笑)に考えてみるのであれば、そういった苦悩やキチンとした働き方は大きくあなたを成長させてくれるかもしれません。

女性「やっぱりしっかりしていて誠実な男性が好きだわ///」
男性「いやー、やっぱりオフィス・ゥマンこそ至高デスナ」

などなど。

正社員として働くメリット

  • 給与が安定する
  • 保険面などで安心安全
  • 努力次第では昇進や転職でさらなる給与へ昇華する
  • 社会的な身分もバッチリ
  • 恥ずかしくない

主にお給料面が安定することや、ボーナスもでたり、退職金であったり厚生年金であったり、社会保険であったり、福利厚生であったりのちょっと複雑なお金面でのメリットが大きいですね。

それに加えて付与されるのが、社会的なご身分です。

-合コン-

男A「ちょりっす。おれリーマンやってるタオパイパイっす!」
女ども「よろしくぅ~!↑↑」

男B「ウェイ↑↑。ワイはフリーターやで!」
女ども「あ、そうなんだ。よろしく~。↓」

おい、態度がちげーじゃねえか。
出てるぞ態度に。

意外と世の中こう、何に所属しているのかみたいな見栄えって重要になるところもあります。

実際にメンタルダメージをくらうこと自体はそれほど深刻でもないわけですが、メンタルダメージを食らうことを恐れて何もできなくなることが最も恐ろしいところ。

本気になればキャリアを積み上げていける

もちろん無能社員として会社から給料をひたすら吸い続ける寄生虫になることも、当サイトでは推奨しています。

「好きを仕事に!」
「みんなで会社のために頑張ろう!」

なんてのはまあ、幻想にすぎないというか、それに見合ったリターン(金銭的・精神的)があればって話ですよね。

例えば、この会社で働くの悪くないし頑張ろうと思えるのかどうか、みたいなところです。

で、世の中そんなに御大層な雇用主が多いわけではありません。

「ねえ暇だよね?これもやってよ?」
「ねえ、時間あるなら品出ししよ??(接客業)」

みたいなゴミ雇用主も多いものです。ほんとに。

そういった場合はひたすら無能クンになりーの、お給料を吸い続けるというのもありでしょう。

あまり気負わずに働くと本当に楽です。

一方で、

  • ここで働けばキャリアがつんでいける!
  • 本気で取り組めば自分の実力になるお!

などといった会社や業種というのもあります。

この記事を書いている自分はわりとIT系やWEB系に精通してるので、そこらへんの例になりますが、やればやるほど知識が身について

  • 転職
  • 昇進

といったところで有利になるのであれば、本気で取り組むのもいいですよね。

よく「プログラマーはIT土方だ!!」と言われますが、業務をこなしつつ本気で勉強すれば、独立するなり転職して年収1000万も普通に見えてきます。まじです。

もちろんプログラマーだけではありませんが、正社員として本気で働くことで、意外と自分の利益になりまくる職業はこの世の中あります。

何も会社から束縛されることに否定的になりすぎることはなくて、自分の人生のための『踏み台』として利用するのだってアリなわけですね。

出会いという名の本当の報酬もアル

会社員になっても比較的、家と職場の往復になりがちです。

ただ、フリーターという属性と比べるとどこかへ出向くのもおそらく気軽になると思います。

  • 土日に興味のあるセミナーに行ってみる
  • 恋愛してみる

などなど。

他にも仕事を通じてすごく良い人にも出会って、そこから人生が変わる~なんてことだってあります。

人間ってやっぱり人と出会うことで変わっていける生き物です。

ウザイ人に出会えば、「なんだこいつはげろよ。あーもうすでにハゲてたわ・・・」なんて思うこともあります。

一方で、良い人に出会うと「すげええ!!!!」と生きるエネルギーがモンスターエナジーを飲んだばりにわいてくることもありえます。

人との出会いというのは、意外とバカにならない、正社員で働くことのメリットなんですよね。

『類は友を呼ぶ』なんて言葉があるように、フリーターの頃は無意識的に周りの人間がフリーターばかりかもしれませんが、正社員になるとまた付き合う人も変わって何か自分に変化が起こるものです。

もちろん、自分次第なところはありますので希望だけを抱くのではなくて、行動も大事ではありますね。

まとめ:正社員になるメリットとデメリットを踏まえて

フリーターの将来的な不安を払しょくできるのは、正社員だけです!!

正社員こそ、至高なんです!!!

などとは言いませんが、現実的にどうしても正社員雇用を一旦されるほうがメリットは大きいですよね。

ただ、正社員として仕事をするのは、あくまで目的ではないことは忘れないほうが良いと思います。

会社に入って働くことを手段(道具)として考えたほうがいいです。

例えば、

  • 正社員として働けばそこそこ安定するから趣味に金が使えるぜ!!
  • 1人暮らしを謳歌するぜ!!!
  • 恋人を作ってちょっぴり甘く切ない酸っぱい人生を楽しむぜい!!
  • 会社に勤めてマジで人生逆転するはwww

などなど、人それぞれの目的のために、会社を道具として使っていくことを推奨いたします。

主体的に会社に雇用されるのか、受け身的に会社に雇用されるのか、では大きく精神的な満足度や幸福感も違ってきますので、そこらへんはよく考えたほうがいいですね。

ちなみに、現在フリーターだとしても仕事は全然あります。