悩み

フリーター生活にもう疲れた!具体的な休み方と解決策をご紹介

フリーター生活に疲れた場合の対策

フリーターをしてるけど、生活のためにアルバイトばかり…。

そんな人も多いと思います。

フリーターって遊んでそうって思われがちですが、実際は働いてばっかりなんてことも。

ちょっと疲れた時は、無理せずに休むことも大切です。

フリーター生活にお疲れなあなたに、休み方や解決策を紹介していきます。

まずはなぜ疲れてしまったのか原因を知ろう

フリーター生活で疲れてしまう原因はどんなところにあるのでしょうか?

身体的な疲れだけでなく、精神的な疲れもありますよね。

ひとつづつ、理由を探ってみます。

アルバイトで忙しい

毎日、毎日アルバイトばかり。

ひとつの仕事じゃ、十分に稼げないから掛け持ちしている、なんて人も多いはず。

  • 労働で体が疲れる
  • アルバイトばかりで休む暇がない
  • 仕事で体力を消耗する

楽ちんな仕事って、なかなかないですよね。

働いていれば、体も心も疲れます。

休日にしっかり休んで体力を回復できれば良いですけど、シフトが不規則という事もありますよね。

金銭的な不安

アルバイトだけでたくさんのお金を稼ぐのは難しいですよね。

多くのフリーターが、けっこう厳しい生活をしているのではないでしょうか。

食費を節約してみたり、欲しい物も我慢していたり…。

  • お金がないと、切ない気持ちになる
  • 我慢が続くとストレスを感じる
  • お金がある人を見ると落ち込む

ちょっとした積み重ねも、長く続けば精神的な疲れになります。

お金は、毎日の生活に必ず必要なもの。

必要不可欠です。

人間関係で疲れる

バイト先の人や家族との付き合いで疲れてしまう事もあります。

  • 家族から就職しろと言われる
  • フリーターのため、肩身が狭い
  • 上司かのらプレッシャーを感じる

仕事でも、プライベートでも、人間関係は悩みになりやすいです。

簡単に解決できないから、困りますよね。

気の合わない人と話をしていると、それだけでかなりの体力を奪われます。

不規則な生活

フリーターをしていると、どうしても不規則になりがち。

  • 昼夜逆転の生活
  • 休みがあると、1日中寝てしまう
  • 食事や睡眠の時間がバラバラ

生活が乱れてしまうと、疲れが取れなかったり、スッキリ起きられなかったりしますよね。

毎日決まった時間に起きる・寝るというのは、難しいですが、なるべく規則正しい生活をする方が体の負担は少なくなります。

食生活の乱れ

  • 朝食は食べない
  • コンビニ弁当ばかり食べている
  • 野菜・果物は食べない
  • 同じメニューばかり

フリーターだと時間も不規則で、食事にお金をかけられないって事も。

食事から必要な栄養を取れていないのかもしれません。

ビタミンやタンパク質などが不足していると、疲れやすくなります。

人と比べてしまう

周りの人と自分を比べて、自分はダメだなーと落ち込んでしまう。

そんな経験は誰にでもあると思います。

SNSなどで、簡単に他の人の生活が見られるのも、比べてしまう理由のひとつ。

見たくなくても、目に入ってきてしまいますよね。

  • 正社員の友達がキラキラして見える
  • 自分が周りより劣っている気がする
  • 皆、楽しそうに見える

SNSで見る人の生活って、なんであんなに充実してそうなんでしょうか。

気にする事ない!って思っても、なぜか気になっちゃうんですよね。

SNSで見せているのは、ほんの一部。

良い部分だけをアップしていると思っておくと、ちょっと楽になります。

将来への不安

  • このままフリーターを続けていて大丈夫なのか
  • 5年後の自分が見えない
  • フリーターのまま年を取っていくのか

このような漠然とした不安を感じていませんか?

20代ならフリーターでも問題なく生活できても、30代、40代と年を取るごとに大変になっていきます。

  • 年齢が上がると仕事が見つからない
  • フリーター歴が長いと採用されにくい
  • 正社員の経験がないまま、年を取っていく

金銭的な不安、仕事がこのままあるのかという不安、年を取ったらどうなるのかという不安…。

心配事が多いと、気持ちも晴れずに、どんよりしてしまいます。

精神的な疲れにつながりますよね。

具体的なお休みの仕方

疲れた時には、ゆっくり休む事が大切。

元気に毎日を送れるように、たまには自分をいたわってあげてくださいね。

具体的なお休み方法を紹介します。

とにかく寝る

やっぱり睡眠は大切。

人は寝なきゃ生きていけません!

  • 毎日、なるべく同じ時間に寝るようにする
  • 疲れたと感じたら早めに寝る
  • 時間だけでなく、質も見直してみる

体も心もリラックスできるように、快適な環境を整えてみましょう。

長く寝れば良いってわけでもありません。

長く寝すぎると、逆に体が重くなっちゃったりしますよね。

毎日十分な時間、しっかり寝られるのが理想的。

  • 遮光カーテンを使う
  • 寝る前にスマホは見ない

小さい事でも、睡眠の質は変えられますよ!

食事に気を遣ってみる

疲れを少なくするためにも、栄養をしっかり取りましょう!

毎食、完璧なバランスの食事をとるなんて無理です。

できる範囲で、やってみましょう。

  • 野菜や果物を多めに食べる
  • 夜は食べ過ぎない
  • 色々な食材を食べる
  • 甘い物・ジャンクフードは控える

自炊すると節約にもなるし、栄養も取れるのでおすすめ。

簡単なレシピから挑戦してみると良いですね。

運動をしてみる

軽い運動は、気分もリフレッシュできて、疲れにも効果的。

  • 疲れている時こそ、体を動かすとスッキリする
  • 血行が良くなって、疲労回復
  • 気分がスッキリして、前向きになれる

仕事でいつも同じ姿勢だったり、あまり動かない人におすすめです。

スポーツを趣味にすると、楽しく続けれます。

時間がないって人でも

  • 車や電車を使わずに歩く
  • 寝る前にストレッチをする
  • テレビを見ながらスクワット

など、手軽にできるものでも、十分です。

自分の時間を持つ

精神的なストレスの解消には、自分の好きな事に没頭するのが一番。

たまには時間を気にせず、思い切り楽しみましょう。

  • 見たかったドラマを一気に見る
  • カラオケで歌いまくる
  • 友達とちょっと遠出する
  • 1日中漫画を読む
  • 銭湯でゆっくりする

自分だけの時間を持って、リフレッシュ!

定期的に楽しい時間を過ごせると、疲れがたまりにくくなりますね。

人は人、自分は自分と考える

人と比べても、良い事はありません。

つい見てしまうSNSも、疲れた時にはお休みしましょう。

  • 他人は自分より良く見えるもの
  • 人はそれぞれ違うもの

周りの事を気にしない!というのも、大切になります。

特に疲れている時には、スマホを見ないようにしても良いかもしれません。

アルバイトがストレスなら、思い切って辞める

今のアルバイトが疲れの原因になっているなら、辞めるというのもひとつの方法です。

無理して続けていっても、負担が大きくなるだけ。

ストレスがたまって手遅れになる前に、辞めることも考えてみましょう。

  • 今の職場が自分に合っているか
  • バイト先の人間関係は良好か
  • このまま、続けていくのか

もう一度改めて確認してみてください。

  • 勤務時間が長すぎる
  • 休みが取れない
  • 時給が低すぎる
  • バイトなのに、仕事が多すぎる

などのブラックバイトの場合、長くなると辞めづらくなる可能性もあるので、早めに対策をしてみてくださいね。

でもフリーター生活を続けているとこのままかも

疲れの原因と対策を紹介しましたが、フリーター生活を続けていると根本的な解決にはなりません。

結局、休んでリフレッシュしても、また同じような疲れがたまってしまう…。

その繰り返しになってしまいます。

この先、ずっとフリーター生活を続けるつもりですか?

フリーターは長引けば長引くほどでデメリットが多くなっていくんです。

生活が安定しない

  • 正社員よりも給料が少ない
  • 有給やボーナス、年金などがない
  • 長期休暇が取りづらい
  • 昇給が期待できない
  • スキルアップにならない

アルバイトで働いていても、正社員のような待遇が受けられません。

ボーナスがないと、年収も大きく差がついてしまいます。

月の手取り額はそれほど変わらなくても、長い目で見ると、差は歴然。

仕事時間は同じくらいなのに、稼げないって損している気分になりますよね。

保険や年金、福利厚生など、やはり生活の安定は期待できません。

就職が難しくなる

フリーター歴が長いほど、正社員として採用される率が低くなります。

企業の立場から考えても、ずーっとフリーターをしていた人に仕事を任せるのは、ちょっと不安になります。

年齢が上がれば就職も厳しくなるので、フリーター生活はなるべく早く卒業した方が良いですね。

社会的信用がない

フリーターは社会的信用が得られません。

具体的には

  • ローンが組めない
  • 銀行から融資を受けられない
  • クレジットカードが作れない

などがあります。

お金をきちんと返せる、と認められないんですよね。

大きな買い物をする時にローンが組めないとけっこう不便です。

また、世間的に見ても、フリーターというだけで偏見を持つ人もいます。

  • フリーターとは結婚できない
  • フリーターだと親に紹介できない
  • 遊んでいると思われる

親の世代では、特にこのような考えが強くなります。

将来の恋愛・結婚にも影響する可能性も。

疲れた時がベストタイミング

疲れたと感じている今こそが、フリーター卒業のベストタイミングです。

ずっと同じ生活を繰り返しても、悪循環になるだけ。

これがチャンスだと思って、一歩踏み出してみましょう!

フリーター生活の疲れを一気に解消できるかもしれません。

  • 正社員の仕事を探してみる
  • 将来の目標を決める
  • 行動に移す

勇気を出して、できるところから始めてみましょう。

まとめ:フリーターに疲れたら、卒業も考えよう

フリーター生活は、実は体にも心にも負担をかけています。

疲れたなと感じたら、自分の生活を見直すチャンス。

改善策を考えて、行動することで、新しい世界が広がります。

疲れて限界!となる前に、動き出してみてくださいね。